白蜜だいありー

気になったことをつらつらと書いていく、雑記系ブログ(の卵?)

森友学園に構っていることが国家の大損失

こんにちは、白蜜(しろみつ)です。

 

たまには真面目な話も書きますよ!

 

新聞やニュースなどでは連日、森友学園のことばかり。

 

売国政党(民進、社民)や反社会的組織(共産)が毎日元気です。

こういう人たちが元気な時は碌なことがないものです。

 

森友学園が国有地を不正なやり方で取得したとか

違法な献金があったとか

もしそういう事実があるのであれば取り締まればいいと思うのですが・・・

 

それって立法府のお仕事ですか?

って思うんですよね。

ちがいますよね?

ってことは野党は大声をあげて仕事をサボっているのに

税金から報酬だけはもらっているという・・・。

国会議員は税金泥棒。

 

しかも安倍首相が100万円寄付したという話は

たとえ事実だとしても何が悪いんだって感じです。

 

野党は政策論争では勝てないことが分かっているし

予算も成立することが確定しているから

自民党のイメージをダウンさせようと必死です。

 

日本の周りには北朝鮮、中国、韓国、ロシアと言ったならず者国家が

たくさんあります。

他にもアメリカとの貿易交渉や社会保障、安全保障、デフレ対策などなど

解決しなければならない問題が山積み。

 

そんな状況で国会では100万円の寄付金について不毛な議論が展開されている。

まさに売国政党である民進党や社民党、反社会的組織である日本共産党の思うつぼ。

日本の未来は真っ暗なんだなということを再認識させられますね。

 

そもそも安倍首相以外にまともな人材は今の政界にいないっていうのに・・・。

 

議員とマスコミのレベルがこれだけ低いというのは

国民のレベルがその程度だっていうことなのかもしれません。

嘆くだけではなく、自らを省みて日々精進していきたいものですね。